鳳来寺山自然科学博物館友の会のページ

<   2018年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

野外学習会「雨生山・吉祥山の地質めぐり」

本日、市内にて野外学習会「雨生山・吉祥山の地質めぐり」が行われ、30名の参加がありました。
b0049200_15522931.jpg
▲丸山の蛇紋岩とその植生の観察
b0049200_15523827.jpg
▲吉祥山からの眺望

雨生山でははんれい岩・蛇紋岩とそこに生える植物の観察、吉祥山では角閃岩・結晶片岩と山から見た新城市の地形を観察しました。
蛇紋岩中には植物の成長を阻害するマグネシウムが多く入っているため、蛇紋岩地帯の植生は他のものと比べて変わっているそうです。

【西】

[PR]
by houraitomo | 2018-01-28 16:05 | 博物館より | Comments(0)

新城市の地質百選紹介 (11)火山豆石と黄鉄鉱の露頭

11、火山豆石と黄鉄鉱の露頭(失われた地質遺産)
b0049200_14364964.jpg
▲火山豆石(大島産)

火山豆石は、火山灰が噴煙に含まれる水や雨水などの表面張力、火山灰粒子間の静電気力で凝集してできるものです。
b0049200_14370572.jpg
▲黄鉄鉱(大島産)

黄鉄鉱は鉄と硫黄の鉱物で、きらきらと光るサイコロ状の結晶が人気の鉱物です。サイコロ状(六面体)以外にも八面体、十二面体などで産出します。

大島では火山豆石や黄鉄鉱が産出することで知られていましたが、大島ダムの建設で水没してしまいました。

【西】

[PR]
by houraitomo | 2018-01-27 14:49 | 博物館より | Comments(0)

もうすぐ節分

博物館中庭にて・・・
b0049200_16243356.jpg
▲セツブンソウ

節分の頃になると咲くとても小さくてきれいな花です。
もうすぐ開花!

【西】

[PR]
by houraitomo | 2018-01-26 16:29 | 友の会から | Comments(0)

新城市の地質百選紹介 (10)寒狭峡のポットホール群

10、寒狭峡のポットホール群
b0049200_15280408.jpg
▲寒狭峡のポットホール(矢印)
b0049200_15281256.jpg
▲ポットホール

花ノ木公園近くの寒狭川の岸の岩石には、ポットホールという丸い穴が開いています。
これは、岩の隙間、割れ目、くぼみに小石が入り、水流でかき回されることによって徐々に穴が大きくなってできたものです(下図)。
b0049200_15282050.jpg
▲ポットホール形成過程

ここには大小さまざまな穴があり、これらはこれからも気の遠くなるような時間をかけて少しずつ穴を広げていくものと考えられます。

【西】

[PR]
by houraitomo | 2018-01-19 15:40 | 博物館より | Comments(0)

新城市の地質百選紹介 (9)長ノ山湿原

9、長ノ山湿原
b0049200_11463706.jpg
▲長ノ山湿原

新城市作手にある、東海地方最大の中間湿原です。
広さは3.4haもあります。
約8000年前から泥炭の堆積が始まったと考えられていて、泥炭層の中には多くの埋もれ木、花粉、火山灰や珪藻類等が含まれています。
そのため過去の気候変動を知る手がかりになるため、学術的にも貴重な場所です。
長ノ山湿原は、1973年に愛知県の天然記念物に指定されています。

長ノ山湿原では夏ごろになると日本最小のトンボであるハッチョウトンボを見ることができます。
b0049200_11565430.jpg
▲ハッチョウトンボ

【西】

[PR]
by houraitomo | 2018-01-15 12:01 | 博物館より | Comments(0)

いらっしゃい

窓の外に・・・
b0049200_15233976.jpg
・・・?
b0049200_15240641.jpg
今日は日なたぼっこに来ていました。

【西】

[PR]
by houraitomo | 2018-01-10 15:28 | 友の会から | Comments(0)

新城市の地質百選紹介 (8)障子岩岩脈

8、障子岩岩脈
b0049200_11195177.jpg
▲障子岩岩脈

新城市川合の宇連ダム(鳳来湖)の奥部にある岩脈で、大きさは幅約10m、延長約2.9kmにも及びます。
国内の岩脈の中でも規模が大きいことから、昭和62(1987)年に新城市の天然記念物に指定されています。

この岩脈は約1500万年前の設楽火山の活動によって作られたものです。
岩脈を構成する安山岩という岩石が、周りを構成する岩石(凝灰岩)よりも硬いため、風化に耐えた岩脈部が出っぱっています。
b0049200_11110729.jpg
▲山の尾根をつくる障子岩岩脈

道中は険しいですが、見れば感動すること間違いなしなスポットです。

【西】

[PR]
by houraitomo | 2018-01-08 11:20 | 博物館より | Comments(0)

野外学習会「桜淵公園の野鳥観察と冬越しの生きもの」

本日、桜淵公園で今年最初の野外学習会「桜淵公園の野鳥観察と冬越しの生きもの」が行われ、25名の参加がありました。
b0049200_17274458.jpg
▲学習会の様子

桜淵公園周辺で見られる野鳥や、木の葉や木の皮の裏で冬を越す昆虫類などを観察しました。
今年は7目17科の野鳥を観察することができました。
風がなく日差しもあったため、気持ちよく観察ができました。

【西】

[PR]
by houraitomo | 2018-01-07 17:33 | 博物館より | Comments(0)

冬の芸術

棚山の奥地で見つけた高さ5m程の小さな滝。
水が凍っています。
b0049200_17210814.jpg
▲凍る滝

滝がかかっている黒い岩石は松脂岩(ピッチストーン)で、約1500万年前の火山活動でできた岩石です。
黒い岩石と白い氷の対比がとてもきれいです。

【西】

[PR]
by houraitomo | 2018-01-06 17:31 | 友の会から | Comments(0)

新城市の地質百選紹介 (7)松脂岩、流紋岩の石段

7、松脂岩、流紋岩の石段
b0049200_17085973.jpg
▲鳳来寺参道の石段

鳳来寺山を形づくる松脂岩(ピッチストーン)や流紋岩などの転石を利用して石段を作っています。
b0049200_17155554.jpg
▲石段
黒:松脂岩(ピッチストーン) 白くてシマシマ:流紋岩

その歴史は古く、鎌倉時代につくられたといわれています。
その後、江戸時代に整備され現在の姿になりました。

歴史ある石段を踏みしめながら鳳来寺へお参りに来て見ませんか?
(石段は鳳来寺本堂まで1425段あります。がんばってネ!)

【西】

[PR]
by houraitomo | 2018-01-05 17:21 | 博物館より | Comments(0)