鳳来寺山自然科学博物館友の会のページ

新城市の地質百選紹介 (16)マンガン鉱

16、マンガン鉱
b0049200_17085385.jpg
▲マンガン鉱山跡(新城市吉村鉱山)

東三河にはかつてマンガンを採掘していた鉱山跡がたくさんあります。
有名なのは設楽町の田口鉱山跡ですが、新城市内にもマンガン鉱山跡が数箇所あります。
これらのマンガン鉱山は、海底でできたマンガンノジュールがプレートの動きとともに移動して日本列島に付加してできたものと考えられています。
b0049200_17032110.jpg
▲マンガンノジュール(北西太平洋)
b0049200_17032864.jpg
①海底でできたマンガンノジュールが、海洋プレートに乗って大陸プレートに近づいてくる。
②大陸に付加する。

大陸に付加し変成作用を受けたマンガンノジュールはバラ輝石などの鉱物へと生まれ変わったと考えられています。
b0049200_17030748.jpg
▲バラ輝石(新城市吉村鉱山)
b0049200_17031549.jpg
▲パイロクスマンガン石(設楽町田口鉱山)


【西】

by houraitomo | 2018-03-07 17:27 | 博物館より | Comments(0)
<< ウメの花 コノハズク巣箱調査 >>