鳳来寺山自然科学博物館友の会のページ

新城市の地質百選紹介 (5)中宇利石

5、中宇利石
b0049200_15565116.jpg
中宇利石 中宇利鉱山産

新城市の黄柳野から富岡にかけて、蛇紋岩が分布しています。
この蛇紋岩中にはニッケルや銅の鉱脈が含まれていて、第二次世界大戦中には中宇利などで採掘されました。
この中宇利の銅の試掘坑で発見された新鉱物が中宇利石です。

愛知県で発見された唯一の新鉱物で、原産地である中宇利鉱山跡にちなんで中宇利石と名づけられました。
愛知教育大学名誉教授の鈴木重人博士によって発見され、1976年に発表されました。

中宇利石は、銅を含む鮮やかなスカイブルーの鉱物で、蛇紋岩の割れ目や隙間に生じます。
多くは薄膜状に産出しますが、まれに細かい針状の美しい結晶を見ることができます。

【西】

[PR]
by houraitomo | 2017-12-22 16:14 | 博物館より | Comments(0)
<< 年末大掃除大会 新城市の地質百選紹介 (4)長篠城址 >>