鳳来寺山自然科学博物館友の会のページ

<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

鳳来寺山自然科学博物館の大掃除大会

年末恒例の大掃除を博物館協力隊のみなさんと行いました。
b0049200_15244632.jpg
もみじまつりを終えて大量に積もった落ち葉の片付け。

b0049200_15290074.jpg
窓拭き
b0049200_15322578.jpg
展示室のガラス拭き

b0049200_15353667.jpg
b0049200_15403706.jpg
お昼の休憩はバルコニーでしし鍋です!
b0049200_15433674.jpg
最後にコノハウス(フクロウ類の保護室)の補修をして、今年の大掃除大会は無事終了。
博物館協力隊(ボランティア)のみなさん、ありがとうございました。
新年をさわやかに迎えられます。

【貞力】







[PR]
by houraitomo | 2016-12-28 15:48 | 博物館より | Comments(0)

冬に至る

鳳来寺山麓のもみじも枯れてこの日を迎えました。
b0049200_9434925.jpg

ホソバシャクナゲに咲くもみじの花。

【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2016-12-21 09:45 | 博物館より | Comments(0)

奥三河の大地をめぐるジオツアー

この11日に「大地に刻まれた1600万年の旅」を開催しました。東三河ジオパーク構想推進準備会の企画です。
今回は愛知県の最高峰の茶臼山~面の木コースでした。
新城市鳳来総合支所を出発した花祭りのラッピングバスです。このツアーにぴったり。
b0049200_1016113.jpg

中央構造線沿いの地形と、設楽層群の海成層と火成岩類が分布する鳳来峡を車中から見つつ東栄町、そして豊根村へと向かいました。
豊根村に新装オープンした道の駅「グリーンポート宮嶋」で休憩。
b0049200_102283.jpg

最初のジオポイント「花ノ木園地」に到着。花ノ木は愛知県の木で、国指定天然記念物です。
b0049200_10324835.jpg

標高1416mの茶臼山に到着すると、山すそは来週からのスキー場オープンに向け準備中でした。
茶臼山、萩太郎山は設楽地方の火山活動の終わりのころに上昇してきた安山岩や玄武岩でできた山です。
b0049200_10261468.jpg

茶臼山からみた萩太郎山とその向こうに広がる設楽地方の山々。
b0049200_10104787.jpg

茶臼山を出発した花祭りバスは設楽町の面の木をとおり、天狗棚へ。ここでは基底礫岩を観察しました。
設楽の火山活動が始まる前の海の時代に堆積した礫の層です。
b0049200_10472928.jpg

南北約30km、東西約20kmにわたる設楽層群を一周する雄大な旅になりました。

【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2016-12-14 10:58 | 博物館より | Comments(0)

旅立ち

先日、オオコノハズクが旅だっていきました。
正確には、自然界に戻っていったということになります。
b0049200_10242667.jpg

11月7日、飛べない状態で保護され、当館へ運び込まれました。
11月13日、事務室内で脱走するほどに回復したため、放鳥を試みましたが、飛び立てず保護を継続。
11月28日、再挑戦でみごと飛翔成功です。
これからは餌はもらえません。自力でお願いします。

【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2016-12-03 10:36 | 博物館より | Comments(0)