鳳来寺山自然科学博物館友の会のページ

<   2016年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

学芸員特設コーナー継続中

b0049200_17585067.jpg

開始から6週目になり、展示ケース内のスペースがついに埋まりました。
1週目:エメラルド
2週目:辰砂
3週目:琥珀
4週目:真珠
5週目:鉄電気石
6週目:三葉虫
7週目は何でしょう?期待しましょう。

【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2016-06-18 18:05 | 博物館より | Comments(0)

はくぶつかんだより№183

b0049200_13333853.jpg

博物館をとりまく4月から5月のできごとです。

【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2016-06-15 14:37 | 博物館より | Comments(0)

新城市の花

新城市の花は「ササユリ」。
鳳来寺山麓で見ごろです。
b0049200_17203955.jpg

草間に清楚な姿を見せてくれます。
ササユリは中部地方から西に分布しています。
7月に豪華な花を咲かせるヤマユリ(地方名:鳳来寺百合)は関西以北が分布地域です。
日本を代表する2種の百合が同じ地域で見られる、とても幸せなまちで暮らしています。

【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2016-06-09 17:42 | 博物館より | Comments(0)

新城の地質百選№45「三都橋花崗岩」

新城市愛郷から設楽町三都橋にかけて分布する花崗岩です。
約8300万年前に形成されたと考えられています。
源氏橋から上流を眺めると、清流に洗われる露頭を見ることができます。
b0049200_1811586.jpg


【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2016-06-08 18:15 | 博物館より | Comments(0)

新城市の地質百選№29「四谷の千枚田と石垣」

b0049200_17275418.jpg

背後の鞍掛山で繰り返し発生した土石流によってつくられた地形です。
b0049200_17305392.jpg

棚田の石垣には、土石流で流れ下ってきた松脂岩やデイサイトが使われています。
b0049200_17501490.jpg

明治37年7月10日、梅雨の長雨と雨台風により山津波(土石流)が発生。
家屋流失10戸、死者11名の大惨事となりました。
5年の歳月をかけて棚田を復興。見事な棚田をよみがえらせました。

【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2016-06-06 17:58 | 博物館より | Comments(0)

野外学習会「四谷の千枚田で生き物を観察しよう」

入梅したと思われると発表があった今日、小雨の中で開催しました。
b0049200_15592342.jpg

田植えが終わった水田の畦や石垣には、すでにモリアオガエルが産卵。
b0049200_15452790.jpg

棚田を流れる小川では、ナガレホトケドジョウとドジョウ、カワヨシノボリやカワムツが観察できました。
人気はやはりアカハライモリです。
昼の休憩時には黒化型のシマヘビ(通称カラスヘビ:門谷で採集)に触れることもできました。
b0049200_1615917.jpg

お弁当を食べた休憩場脇のアジサイの根元にはキツネノタイマツが発生。
臭い香りを撒き散らしていました。
b0049200_1663277.jpg

雨の観察会もいいです。
【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2016-06-05 16:09 | 博物館より | Comments(0)

コノハズクの鳴き声は?

b0049200_17372435.jpg

新豊根ダムに出かけました。
残念ながら鳴き声は確認できませんでした。
2箇所目の東栄町、三瀬では鳴いてくれました。

【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2016-06-01 17:41 | 博物館より | Comments(0)