鳳来寺山自然科学博物館友の会のページ

<   2016年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春の特別展開催中

b0049200_13221610.jpg

特別展を見てから現地に立つと、城跡の見え方がかわるかもしれません。

【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2016-03-27 13:26 | 博物館より | Comments(0)

新城市の自然誌 植物・きのこ編

新城市の自然誌 三部作
第一弾「昆虫・動物編」
第二弾「地学編」
に続いて「植物・きのこ編」を発行することができました。
b0049200_13132928.jpg

b0049200_1315636.jpg

当館をはじめ、新城市内の下記施設で手に入れることができます。
①設楽原歴史資料館
②長篠城址史跡保存館
③作手歴史民俗資料館
③新城市鳳来総合支所内「文化課」

●「昆虫・動物編」は先日完売いたしました。
●4月30日までは博物館開館50周年、市政10周年の特別価格です。お早めに。

【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2016-03-27 13:19 | 博物館より | Comments(0)

春の特別展「ジオから見る戦国の舞台」

今日、3月26日(土)から開催です。

日本史の転換点、長篠・設楽原の戦いの舞台となった新城市。
一万五千の武田軍に五百の城兵で対峙した堅塁の長篠城。
織田・徳川連合軍と武田騎馬軍団が激突した設楽原の決戦。
作手の湿原に浮かぶ古宮城。
段丘を巧みに利用した野田城。
新城市にひろがる戦国時代の城や戦場を地形と地質の視点で見つめます。
b0049200_983424.jpg


期間:3月26日(土)〜6月30日(木)
開館時間:9時〜17時
休館日:毎週火曜日

【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2016-03-26 09:18 | 友の会から | Comments(0)

巣箱

鳳来寺山のコノハズクの復活を願って設置した巣箱の調査をしました。
鷹打場方面、高徳方面、行者越方面など、3班に分かれて実施。
b0049200_1844663.jpg

b0049200_18481325.jpg

残念ながらコノハズクが利用した痕跡はありませんでしたが、
モモンガ、シジュウカラ、ヤマガラなどのカラ類、アカネズミ(?)が利用しているようでした。
もうすぐ4月、コノハズクがやってくる季節です。
今季は使ってほしいです。
【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2016-03-19 18:52 | 友の会から | Comments(0)

初産卵

冬眠していた虫が冬眠からさめて出てくるといった意味の啓蟄の日(3月5日)、博物館の池でアズマヒキガエルが産卵。
この池はこれまで、モリアオガエル以外のカエルの産卵は無かったのですが、初めての出来事でした。
b0049200_18481910.jpg

モリアオガエルが産卵にやってくる頃には旅立っていると思います。
【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2016-03-17 18:51 | 友の会から | Comments(0)

長篠設楽原PAの車止め

2月13日開通の新東名高速道路には、長篠設楽原パーキングがあります。
すでに立ち寄ったかたもいることと思います。
このパーキングの車止めにも、新城トーナル岩が使われています。
トーナル岩というのは、石英、斜長石、黒雲母、角閃石などを主成分鉱物としており、アルカリ長石はほとんど含まない完晶質の深成岩です。
b0049200_1342141.jpg

新城トーナル岩は新城石英閃緑岩とも呼ばれ、楕円形の暗色包有岩と切海苔のように見える長方形の黒い角閃石などの有色鉱物の結晶の配列とが、ほぼ調和的に並んでいることが特徴です。
新城市の本宮山から鮎滝のあたりまで、東西約14km、南北約6kmにわたって分布しています。
およそ8500万年前に形成されたと考えられています。
b0049200_136208.jpg


【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2016-03-04 13:09 | 博物館より | Comments(0)