鳳来寺山自然科学博物館友の会のページ

<   2013年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ジオツアー「遠州 浦川の中央構造線をめぐる」

9月29日(日)第2回のジオツアーに出かけてきました。
静岡県浜松市の浦川方面の中央構造線をめぐるツアーです。
島中峠付近の破砕帯の露頭観察。
b0049200_15383926.jpg

飯田線の線路の方向に沿って中央構造線が走っています。
島中峠から浦川方面を見ています。
b0049200_1625654.jpg

下川合から二本杉峠を見ています。今回は通行規制であの二本杉峠やその先の北条峠、青崩峠まではいけませんでした。
b0049200_16135926.jpg

河岸に見られる三波川帯の結晶片岩。
b0049200_1617116.jpg

尻平沢(しっぺざわ)のミロナイト(圧砕岩)の河床。
b0049200_16252697.jpg

鹿塩圧砕岩。角の取れた丸みのある長石の白い斑点が特徴。
b0049200_16204114.jpg

何気ない田舎の景色(地形)が、ダイナミックな大地の動きで形づくられたことを知り、見え方が一変しました。
【貞カ】
[PR]
by houraitomo | 2013-09-30 16:38 | 博物館より | Comments(0)

威嚇する姿も美しい

シロマダラです。鳳来寺山麓の駐車場で見つかりました。まだ幼蛇です。超近接でカメラを向けると鎌首を持ち上げてこのポーズです。夜行性ですのでめったに出会えません。
b0049200_23102353.jpg

白黒のマダラ模様が美しい。
でも、触れません。
【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2013-09-28 23:12 | 博物館より | Comments(0)

月が美しい

23日は十五夜から数えて十九夜になります。この月を平安のひとたちは寝待月、または臥待月とよんで愛でたそうです。
b0049200_23235068.jpg

自宅の庭で月を待ちながら、こちらの秋(刀魚)を愛でました。
b0049200_23264935.jpg

【貞力】
[PR]
by houraitomo | 2013-09-23 23:36 | 友の会から | Comments(0)

川が美しい

台風一過、濁流が静まり、きれいに洗われた河床が美しいです。
玖老勢の海老川河床。堆積岩の層理面がみごとです。
b0049200_17582222.jpg

長篠の豊川(寒狭川)河床。花崗岩源圧砕岩が300mにわたって姿を見せています。
b0049200_181887.jpg

【貞カ】
[PR]
by houraitomo | 2013-09-20 18:05 | 友の会から | Comments(0)

博物館ガイドツアー

地元の鳳来中部小学校6年生のみなさんの利用です。
6年生は理科で地層の学習をします。
博物館で、郷土の大地の成り立ちについて見学した後、近くにある地層の露頭観察と化石採集。
教科書と博物館と現地の本物をとおして理解が一層深まります。
b0049200_17485966.jpg

私たちは恵まれた学習環境と魅力的な場所で生活しているのだ!と思います。
【貞カ】
[PR]
by houraitomo | 2013-09-19 17:58 | 博物館より | Comments(0)

はくぶつかんだより№164・165

「はくぶつかんだより」を友の会員のみなさんに郵送しました。
手書きで、しかも遅い(7月と8月の夏の話題)。このブログや、Facebookと真反対なとてもアナログな情報発信をいまだに続けております。
b0049200_18465092.jpg

b0049200_1854954.jpg

【貞カ】

追伸
悲報・・・保護観察中だったアカショウビン。昨日まで元気でしたが、今朝出勤すると地面で横たわっていました。
近づいてよく見ると、コノハウス内に伸びたヤマノイモの細い蔓に、翅と首を絡ませて息絶えていました。
餌もすべて平らげるようになり、あんなに元気に回復してきていたのに・・・
悔やまれます。
[PR]
by houraitomo | 2013-09-18 19:02 | 博物館より | Comments(0)

リハビリ

A4サイズの段ボール箱から徐々に大きくし、トイレットパーパーが入っていた60cm角の段ボール箱へ引越しし、強制給餌でヤゴを食べさせると少し元気が出てきました。
段ボールの保護室から脱走(脱翔)を試みるまで快復してきたため、中庭にあるコノハウスでようすをみることにしました。
コノハウス内には水を張った桶にサワガニや川魚を入れ、ミミズを入れた洗面器も置き、ミルワームを入れた皿も用意しました。彼が食べそうなごちそうをいっぱい並べましたが、一向に食べる気配がありませんでした。
やはり強制給餌かなと思って、朝コノハウスをのぞくとすべてきれいに無くなっていました。
b0049200_1910834.jpg

自分で餌を食べるようになればしめたものです。
さあ、餌の確保が大変です。

あと、心配は左翼の状態です。これからの渡りに耐えられるか。
【貞カ】
[PR]
by houraitomo | 2013-09-14 19:15 | 博物館より | Comments(0)

グルメなアカショウビン

アカショウビンが博物館に来て1週間が経ちました。
b0049200_13232244.jpg

魚、サワガニ、ミミズ、ミルワーム、バッタ、etc・・・
と様々なご飯を与えたのですが、なかなか食べず。
唯一食べたのがこちらの
b0049200_13251913.jpg

ヤゴです。
グルメなアカショウビンのために今日も職員が頑張って捕まえます。
b0049200_13265364.jpg


【朱】
[PR]
by houraitomo | 2013-09-12 13:28 | 博物館より | Comments(0)

ジオツアー下見

三猿南信方面の中央構造線をめぐるジオツアーが9月29日にあります。
講師の仲井先生と下見に行きました。
新城市を北上し、東栄町から右に折れて浜松市浦川へ。
そして佐久間、北条峠を越えて青崩峠へ向かう予定でした。
ところが佐久間町に入る手前の天竜川にかかる原田橋が車両重量制限(8t)があり、当日の通行不可であることが判明。
う回路等検討しましたが、一日の行程では非常に無理があります。
やむなくコース変更とすることに決めました。
残念。
b0049200_1838217.jpg

二本杉峠から望む佐久間方面。V字谷がきれいに見えます。
今回は浦川周辺での観察ツアーになりますが、浦川地域だけでも一日かける見どころがあります。
乞うご期待。
【貞カ】
[PR]
by houraitomo | 2013-09-11 18:47 | 博物館より | Comments(0)

お食事

昨年アカショウビンにヘビを与えて喉に詰まらせた失敗から、軽めの食事にしました。
b0049200_1712285.jpg

【貞カ】
[PR]
by houraitomo | 2013-09-07 17:16 | 博物館より | Comments(0)