鳳来寺山自然科学博物館友の会のページ

<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

いただきまーす

5月31日 午後3時30分頃、会議から戻ってくると、職員が前庭に集まり、なにやら観察中。
b0049200_18304995.jpg

シマヘビのお食事でした。
b0049200_18551919.jpg

30分後にはすっかりおなかの中におさまっていました。
[PR]
by houraitomo | 2012-05-31 18:40 | 博物館より | Comments(0)

学習会「豊橋市自然史博物館の裏方と動物園見学」

平成24年5月27日 地学学習会で豊橋市自然史博物館と動物園の見学を行いました。
見学会では自然史博物館のご配慮で収蔵庫の見学もさせていただきました。
普段は見れない博物館のバックヤードです。
b0049200_18592081.jpg

そして、古生物と現生生物を骨の構造を比較しながら学びました。
b0049200_1941495.jpg

[PR]
by houraitomo | 2012-05-27 19:04 | 博物館より | Comments(1)

真っ暗眼鏡の先に見えたもの

平成24年5月21日 早朝からの厚い雲がみるみる晴れ渡り、東の空を遮るものは全くなくなりました。
7時30分
月と太陽がみごとに重なりあってくれました。
b0049200_16474865.jpg

3分後
b0049200_1649844.jpg

[PR]
by houraitomo | 2012-05-23 17:32 | 博物館より | Comments(0)

棚山の地質探険

平成24年5月20日(日) 棚山の地質探険-ジオパーク探索-を開催しました。
老若男女・幼児まで総勢40名+スタッフが集いました。
講師は博物館学術委員で愛知教育大学名誉教授の仲井豊先生です。
そして、今年から学術委員の鳥居孝先生も応援にきてくれました。
豪華講師陣を迎えての巡検です。
棚山林道沿いの露頭を、麓から歩いて丁寧にみていきました。
凝灰岩、デイサイト、安山岩の岩脈、ピッチストーンなど設楽火山活動を代表する岩石たちが眼前に次々と現れ、ダイナミックな大地の成り立ちを学ぶことができました。
b0049200_15584748.jpg

そして、参加者のもうひとつの大きな期待は、
b0049200_16271659.jpg

でした。

博物館友の会主催で、会員限定の観察会です。
b0049200_163149.jpg

b0049200_16322351.jpg

いいなー
と思った人は、今すぐ入会しましょう。
[PR]
by houraitomo | 2012-05-23 16:34 | 博物館より | Comments(0)

岩脈探索

5月13に日(日)
新城市の天然記念物「障子岩岩脈」の撮影に出かけました。総延長約2.9km。幅約10m(最大20m)の日本でも最大級(おそらく)の規模の岩脈です。
谷をはさんで両側の山の頂と尾根を結ぶように岩脈が走っていて、向かい側の岩脈をみるためには、反対側の690mの山の頂に登る必要があります。
b0049200_17344160.jpg

そそり立つ岩脈の横をホソバシャクナゲの花を愛でながら登ること2時間
b0049200_17374015.jpg
b0049200_17385568.jpg

眼前に現れた大岩脈。その場に立った者だけが味わえる感動。
b0049200_17474879.jpg

見えている部分が約305mあります。
[PR]
by houraitomo | 2012-05-13 18:03 | 博物館より | Comments(0)

草刈り

5月12日(土)午後から博物館周辺の草刈りをしました。
近所の方が楽しみにしているフキは残せましたが、ウスバアゲハがやってくるハルジオンは、刈り払ってしまいました。
でも、すぐお隣の空地は草だらけでお花畑状態ですから困らないでしょう。
b0049200_17353336.jpg

[PR]
by houraitomo | 2012-05-12 17:37 | 博物館より | Comments(0)

シュレーゲルアオガエルの産卵

新城市内ではGWあたりから代かき、そして田植えが始まりました。
それを待ちかまえて、シュレーゲルアオガエルの産卵が始まりました。
b0049200_17215657.jpg

カエルのおなかと足に挟まっていたり、周囲に転がっている球体は水田の肥料です。
後方の泡状の卵塊がそれです。
ちょっとまぎらわしい写真ですみません。
四谷千枚田での撮影記録です。
[PR]
by houraitomo | 2012-05-12 17:27 | 博物館より | Comments(0)

ホソバシャクナゲ

鳳来寺山麓の門谷地区で名花「ホソバシャクナゲ」が見ごろを迎えました。鳳来寺山以北の奥三河と遠州の一部にだけ自生する植物です。つまり地球上でこの地域にだけということになります。鳳来町の花でもありました。
b0049200_1818142.jpg

[PR]
by houraitomo | 2012-05-04 18:18 | 博物館より | Comments(0)

鳳来寺山自然科学博物館友の会ホームページ

只今、博物館友の会の専用ホームページの改築中です。
しばらく、このブログを使って友の会情報をお伝えします。ご迷惑をおかけします。

遅ればせながら、博物館行事と見学の案内、友の会案内のチラシです。
b0049200_1739721.jpg
b0049200_17495716.jpg

[PR]
by houraitomo | 2012-05-04 17:50 | 友の会から | Comments(0)

春のミュージアムフェスティバル

5月3日から春の博物館感謝祭がはじまりました。
メニューは①輪投げ ②宝石探し ③鉱物・化石販売 ④オリジナルミュージアムグッズ ⑤ストーンペイント ⑥ダーツ などです。
午前中は小雨でしたが、午後は雨も上がり、みなさん楽しんでいかれました。
b0049200_16553023.jpg
b0049200_16564686.jpg

5月6日まで開催しています。
普段は販売しない地元産の鉱物や化石を目当ての子どもたちも来てくれました。
[PR]
by houraitomo | 2012-05-03 17:07 | 博物館より | Comments(0)