鳳来寺山自然科学博物館友の会のページ

<   2005年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

クリスマス仕様博物館

b0049200_10102041.jpg
博物館がクリスマスに染まっています
おそらく 博物館史上初のクリスマス・ツリーが ロビーに登場しました
高さ2メートルもの 大きなツリーです




b0049200_10122695.jpg
もうひとつのクリスマスは 博物館の西に聳えるメタセコイアのライトアップです
きれいに黄葉するメタセコイアを夜も楽しんじゃおう!という計画です
週末に不定期開催しますので ぜひ来てくださいね
日時不定期ライトアップなので 偶然見れたらラッキー♪
この暗ーい写真は ライトアップ大作戦終了後の作戦隊員がメタセコイアを見上げているところです 写真では美しい姿を届けるのは難しいので みなさん 本物を見に来てね

とにかく クリスマス仕様博物館へ 来てくださいね
週末ドライブの計画に練りこんでみてはどうでしょう?
[PR]
by houraitomo | 2005-11-28 10:18 | Comments(3)

もみじまつり

11月23日朝九時、準備万端整った博物館テラスで、お客さんが来るのを待つ職員
協力隊員ほか数名、しかし参道を歩く人は少なく、いつも駐車場に出ている屋台もない。

今年は水曜日、しかもパークウェイが無料になって皆、上の駐車場に行ってしまったのか・・・

そんな不安がよぎるなか、友の会 会長の小椋さんはサンドイッチマン(役員特製手作り看板を小椋さんの正面と背中ににかけて頂きました。)
となりプレゼント用鉱物を片手に、かさすぎ方面に消えていきました。

それから約一時間後、博物館のテラスには人があふれていました。

大盛況です。(小椋さん本当にお疲れ様でした。)

b0049200_9353555.jpg


























この日だけの特別サービス、鉱物プレゼントは蛍石が一番人気でした。
b0049200_9413158.jpg



















今年初登場、学芸員 加藤さんによる、体験ストーンペインティングも大人気!!
b0049200_946345.jpg



















ちなみにこの日の博物館の入館者は、去年よりも若干少なかったそうですが
参道を歩く人が、去年に比べ目に見えて少なかったことを思えば、大成功だったと思います。

協力隊、協力隊予備軍、出店者の皆さん、博物館職員、友の会役員の皆さん
本当にお疲れ様でした。

来年もさらなるパワーアップをはかってイベントを盛り上げましょう!
[PR]
by houraitomo | 2005-11-27 09:35 | Comments(0)

明後日は 博物館へぜひ来てね

b0049200_16165439.jpg友の会会員さん お知らせです
昨年・今年と学習会に参加した会員さん!
友の会役員による 学習会参加の様子の写真プレゼント 開催中です


早いもの順です
なくなり次第終了します

あなた!が写っているかも!お早めに来てくださいね
とりあえず 23日の博物館感謝祭ってのはどうでしょう?

みなさんのご来館お待ちしてます



ちなみに・・・
今博物館では 友の会展 やってます
こんな感じ↓見に来てね
b0049200_1621949.jpg
b0049200_1624775.jpg
b0049200_16251535.jpg
b0049200_16265399.jpg
[PR]
by houraitomo | 2005-11-21 16:16 | Comments(1)

11月23日には ぜひ 博物館へ!

11月23日 勤労感謝の日は 博物館感謝祭の日でもあります
毎年 この日に開催される 鳳来寺山もみじまつり秋季大祭にあわせて 博物館でも盛り上がろう!と いろいろイベントを行なっています

みなさん 博物館へ ぜひ来てね 楽しいお店もありますよ!

さて 話変わって・・・

今年の秋のきのこ展で博物館に 初めてお目見えしたモノ・・・そう!顔はめ看板!
きのこ展終了とともに 行くあての無くなったあの顔はめ看板
実は今 博物館の1階ロビー・階段脇の奥にひっそり淋しくおかれているのですが・・・

大人気!

b0049200_1413496.jpg


きのこ展期間中は設置場所が事務室から離れていたため その人気が確認できなかったけど 事務室から丸見えのトコロにある今はその人気がとてもよくわかります

博物館に一歩はいるやいなや 「わぁ!写真撮る撮る!」という声も聞こえてくるほど!

ここはやっぱり 第2・第3の顔はめ看板つくらなくっちゃ!

と ゆーわけで 知ちゃん もみじまつり用に今から作る?
[PR]
by houraitomo | 2005-11-17 14:16 | Comments(2)

友の会30周年記念式典(第二部記念パーティー)

平成17年11月6日(日) 開催

式典の写真は、緊張のあまり撮り忘れたので
記念パーティーの様子をお届けします。
あいにくの天気でしたが、地元産野菜たっぷりの天然キノコ入りしし鍋、
つきたてのお餅、手作り炭焼き五平餅をみんなおいしそうに食べて
いました。
また、くじ引きでは竹之内さんの楽しい司会のおかげでおおいに
盛り上がりました。


博物館名物五平餅。
自分で作る五平餅は格別のおいしさでした。
b0049200_2113163.jpg

























博物館 学芸員の加藤さんと、友の会 会長の小椋さんの息の合った餅つき。
赤米を入れた、お餅とあんこの組合せはもとっても美味でした。
でもポピュラーな普通の白いお餅と大根おろしの組合せも美味しかったです。
b0049200_2110236.jpg
























この日の特賞の岩石ハンマーが、なんと司会の竹之内さんに大当たり。
くじを引いた横山さんも皆も大爆笑!!

皆さんは何があたったのでしょうか?
私は、木製のスプーンと豊橋自然史博物館のペア招待券でした。
b0049200_21182825.jpg
[PR]
by houraitomo | 2005-11-11 20:59 | Comments(0)

影の功労者!?

 11月5日(土)友の会30周年記念式典前日、天気予報では6日は昼前から
雨という最悪の予報になっていました。
「なんとかもってくれないかな~」と願う学芸員のKさん、そこで職員のMさんは
あるものに願いを託しました。
そのあるものとは、最近めっきり姿を見かけなくなった
てるてる坊主でした。ティッシュペーパーで作った簡単なものでしたが
とりあえず願をかけられ、こっそりとホワイトボードにつるされました。

 11月6日(日)式典当日、やっぱり予報は昼前から雨、しかもすでに雨雲は三重県まで
きていました。雲の動きをレーダー画面で見ていた私は10時には間違いなく雨が降ってくると
思っていました。
ところが11時に式典が終わって外に出てみると、まだ雨は降っていませんでした。不思議に思って
携帯でレーダー画面を見ると、なんと博物館のあたりだけ雲がありません。
これがその時間の雨雲レーダー画面です。


AM10:00ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー AM10:30

b0049200_22284563.jpg






















AM11:00 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー AM11:30
(この画面は家に帰ってからパソコンで見たものですが、みごとに雨雲が
博物館のあたりをよけています。)


 てるてる坊主の存在を知らない私は、予想がはずれてよかったと思いつつ
パーティーを楽しみました。12時にはとうとう雨が降り出しましたが、餅つきも
終わっていてほとんど影響はありませんでした。


 すべてが無事に終わって、ふとホワイトボードを見ると、雨に濡れてくたびれた
てるてる坊主がぶら下がっていました。
私には、力尽きて雨に打たれたけれど、何かをやり遂げたような満足げな表情に見えました。
皆さん、この写真を見てどんな感想をもちますか?



b0049200_19335345.jpg
[PR]
by houraitomo | 2005-11-10 19:33 | Comments(1)

友の会ブログ きのこ展


アミタケ(地方名 イクチ)
管孔のあるきのこで、スーパーに市販はされておらず
きのこハンターの獲物の上位をしめ、美味である。
煮ると、全体が赤紫色に変色する。
b0049200_2159517.jpg
ホウキタケ(地方名 ネズミアシ)
色や形状の違う仲間が多くあり、分類分けが遅れている。
有毒種や不明種が多く、食用の際には注意が必要。
b0049200_21593010.jpg










クロカワ(地方名 ロウジ)
高級珍味としてテレビなどに登場するきのこだが
ほろ苦いので、どちらかと言うと酒の肴向!
b0049200_22355018.jpg
カノシタ
壊れやすいきのこなので、大事に持ってこないとバラバラになってしまう。
あまり、きのこ狩りの対象にはなっていない。
b0049200_22523843.jpg









クリタケ
とても、きのこらしいきのこで、写真のように一株見つけると収穫量も多く
昔から食用にされてきたが、最新のきのこ図鑑では
「毒成分も検出されたとあり中毒する可能性もある」
とされているので注意が必要!!
b0049200_2312993.jpg
シモフリシメジ
クリタケと同様、晩秋のきのこで、これに出会うとそろそろ
きのこ狩りも終わりを告げる。
b0049200_2319169.jpg







ムキタケ
きのこを探して、深山幽谷をさまよっているとこのような光景に出くわす事がある。
大量に発生しているので、夢中で採ってしまいがちだが、有毒種のツキヨタケと
よく似ているので、ひとつづつよく確認しながら採ろう。
b0049200_23303475.jpg

????(王様)
他の菌より弱いため、今では限られた場所にひっそりと発生している。
各地で松茸山を復活させようという活動が始まっているので、興味のある方は
ボランティアとして参加してみては? (ただし、採取が目的ではないのであしからず。)
b0049200_22474455.jpg

[PR]
by houraitomo | 2005-11-09 21:59 | Comments(0)