鳳来寺山自然科学博物館友の会のページ

<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

奥三河の自然博物展 2005夏バージョン登場!

b0049200_12465477.jpg
3月25日から9月25日まで 愛知万博と同じ期間開催している自然博物展も 最終バージョンの展示となりました 奥三河の鉱物・岩石から始まり 鳳来寺山のコノハズクなども追加展示を行ってきました

さて夏バージョンの目玉としましては やはり岩石の展示もはずせないトコロですが ここではあえて日常あまり気にとめないトコロを重点的に見ていただきたいと思います

たとえば・・・愛知県内には 約400種!のコケ植物(蘚類)が生育しているけど 奥三河には その中でも希少なコケ類が生育していて その中から6種類のコケのスケッチが展示してあります コケといえば小さなモノです それを じっくり観察してスケッチすることを想像すると 気の遠くなる感じがします

そのほかにも 水生昆虫のカワゲラなど 小さな標本が展示してあります 普段見落としがちな小さな自然を楽しく展示しています

b0049200_130830.jpg


そしてもうひとつ 見てほしいのが ブッポウソウ です 愛知県では ほぼ確認ができない幻の鳥です 昔はこの美しい鳥が 「ぶっ ぽー そー」と鳴くと信じられていたという鳥です 確かにそういう風に鳴いてほしいような美しさです

まだまだ見所はたくさんあります 9月25日まで 入館料のみで観覧できますので 皆さんぜひ見に来てくださいね
友の会会員の皆さんはもちろん無料で観覧できます 受付で会員証を明示してくださいね
[PR]
by houraitomo | 2005-07-26 12:51 | Comments(0)

準絶滅危惧どーぶつ

ところで 先日 愛知万博の瀬戸会場に 夜な夜な現れる動物が・・・ というニュースがテレビ・新聞で大々的に(ローカル)報道されました

準とはいえ愛知県では絶滅危惧ですから~ そりゃもう大変貴重な動物!だし ニュースにもなるよねぇ

しかしなんのことはない ここ鳳来町にはわりとたくさんいる「ムササビ」でした

以前博物館にも幼獣が持ち込まれて 1年間育て上げた(?)のだけど 人懐っこくて 適度な大きさで なかなかの人気者アイドルでした

b0049200_12295039.jpg


ちなみにこの写真は 好物のりんご(足元に放置)を捨てて ゴミ箱にあるおせんべいの空き袋にかぶりついているトコロ

この鶴吉(彼の名前・♂)はとても「美ムササビ」(親ばか?)で カメラ目線でモデルもばっちりこなしてくれました

例のニュースの映像の なんだかわからなくなっちゃってるムササビだと 誤解を招きそうなので この鶴吉でムササビの愛らしさを わかって欲しいなぁ ほんとっ可愛いんだから!!(でもごみ漁りに夢中・・・)

そうそう 鶴吉は 無事かどうかは不明だけど 博物館で1年暮らしたあと 徐々に外での生活を体験して山へと帰って行きました いつでも戻ってこられるように 住んでいた巣箱はそのままにしておいたけど とうとう使われることはありませんでした なので今博物館に来ても 「美ムササビ」の鶴吉には会えません 夜暗くなってからなら 野生のムササビに会えるかも!

以上 博物館よりムササビに愛を込めて~ 臨職1号♪
[PR]
by houraitomo | 2005-07-22 12:37 | Comments(2)

協力隊員のとある一日

 テラスに居るカメたちはちくわが大好き。
水を替えてちくわをあげたら、気持ちよさそうに
泳ぎながらガツガツ食べていました。
b0049200_2153146.jpg     カメラを目の前に構えてもちくわに夢中です。
b0049200_2016011.jpg


 博物館の池から羽化したのか、シオカラトンボが
岩石を割っている私を横から眺めていました。
ちなみに下のやごの抜け殻がシオカラトンボの物かは
勉強不足の私にはわかりません。
(分かる人はコメントに入れてください。コメントを入れる
ときはパスワードに適当な四桁の数字を入れてください。)
b0049200_20325337.jpg
b0049200_2122975.jpg


b0049200_2131489.jpg
 
上の写真、もりあおがえるのおたまじゃくしと思ったんだけれど間違っていたようです。
臨職1号さんからのコメントによると、ツチガエルだったようです。
まだまだ勉強不足です。
[PR]
by houraitomo | 2005-07-19 20:19 | Comments(2)

街の中のきのこ

豊橋市内の街路樹から発生していたものです。
b0049200_2275639.jpg


きのこは、山や林の中というイメージがありますが、街の中にもこのような楽しみがあります。
ちなみにこのきのこは(たぶん)ヤナギマツタケです、マツタケと名は付いていますがマツタケの香りはしないのであしからず。
b0049200_2210084.jpg
[PR]
by houraitomo | 2005-07-15 21:49 | Comments(4)

ストーンペインティング

b0049200_17505595.jpg


この石だーれだ?

誰だか わかるよね!わかったら コメント送ってね

正解者には・・・ステキなプレゼント! が あるかも・・・

以上 博物館臨職1号♪でした
[PR]
by houraitomo | 2005-07-15 17:54 | Comments(2)

ハス

館長さんの医王寺に咲いたハスの花。これからどんどん開花しそうです。
b0049200_21181049.jpg

[PR]
by houraitomo | 2005-07-11 21:18 | Comments(1)

モリアオガエル情報

産卵してました
朝きたら 真っ白な卵塊が できてました
けど けどさぁ また 池の上じゃあないんだよねぇ
あ~あ どうしてかなぁ ぜんぜん「ハズレ」の位置で しかも高いところ・・・
高いところだと 風であおられてオタマジャクシの落下地点がずれるんだよねぇ

ところで 昨日の写真 ここで確認したときはちゃんと入ってたんだけど
朝確認したら × が!!! なぜ?なぜなの??
今編集して確認して ちゃんと入ってたけど また × になっちゃうかも・・・
[PR]
by houraitomo | 2005-07-10 08:48 | Comments(1)

お久しぶり!モリアオガエル情報

ただいま大雨降ってます
今日は朝から なんとなく薄暗いお天気でしたが 10時頃から雨が降ったりやんだり
そんな中 ハナノキから 聞きなれた懐かしい声が・・・
そう!モリアオガエル!!このところの晴天続きで もうお山に帰ったものとばかり思っていたら 昼間っから コココココ・・・・
でも姿を探せど どこにいるのか さすが森の忍者と思っていたら!今見つけました
例の 小鳥の巣箱に2匹もいるじゃない!もしや 彼らはこの晴天続きの日々をこの巣箱の中ですごしていたのかしら・・・

b0049200_8432173.jpg


実はこの直前 トラフズクたちにご飯をあげにいったら ふくろう小屋のある中庭に アオダイショウの幼蛇が!ハナノキの巣箱から 中庭に引越したのね~と思ってたら ハナノキの巣箱にモリアオガエル・・・うーん 不思議

ところで博物館周辺では8月にも産卵の記録があるとのこと 今後の産卵も期待できそうです ただし今後はちゃんと 池の上に産卵してほしいなぁ

それよりこの雨 どうしましょう 車まで歩いていくのが大変 やれやれ
博物館の臨職1号でした ほんと この雨どうしよう・・・
[PR]
by houraitomo | 2005-07-09 16:47 | Comments(1)