鳳来寺山自然科学博物館友の会のページ

カテゴリ:博物館より( 424 )

作手高原でトキソウが舞う

新城市作手地内にある長ノ山湿原(県天然記念物)、庄ノ沢湿地ではトキソウがつぼみを開いて群舞しています。
b0049200_15524079.jpg
b0049200_15581274.jpg

【貞力】



[PR]
by houraitomo | 2017-06-09 15:59 | 博物館より | Comments(0)

新城市のカエル 産卵

モリアオガエルの卵塊です。
今朝のからの雨で、博物館の水槽に産卵に訪れたようです。
今年の初産卵は5月12日でしたが、雨が少なかったためかその後の産卵は確認できていませんでした。
久しぶりの降雨で、いつもの場所に産んでくれました。
b0049200_09221595.jpg

【貞力】



[PR]
by houraitomo | 2017-06-01 09:25 | 博物館より | Comments(0)

野外学習会のお知らせです。

b0049200_09370582.jpg
b0049200_09384597.jpg
久しぶりの雨でモリアオガエルもそろそろ産卵準備です。

【貞力】


[PR]
by houraitomo | 2017-05-26 09:40 | 博物館より | Comments(0)

はくぶつかんだより№189


b0049200_09322814.jpg

















かなり遅いたよりとなりました。

【貞力】

[PR]
by houraitomo | 2017-05-26 09:35 | 博物館より | Comments(0)

鳴きました。「仏法僧」

鳳来寺山麓にくらす人たちは、鳳来寺山で鳴いてこそ「仏法僧」(コノハズク:声の仏法僧)だ!と言われます。
2010年以降鳴き声の確認ができておらず、さびしい思いをしています。
昨夜、鳳来寺山自然科学博物館友の会主催の「仏法僧の声を聞く会」終了後、有志で鳳来寺山での調査をしました。
表参道とは山を挟んで北側のカラ沢の谷に入っての調査です。
b0049200_09414613.jpg

















13日23時と14日2時。鳴いてくれました。
鳳来寺山の天狗岩方面の尾根付近から遠くかすかに「ブッ ポー ソー」の鳴き声。
7年ぶりの鳳来寺山の仏法僧です。
このままこの山にとどまって繁殖してくれることを祈るのみです。

【貞力】



[PR]
by houraitomo | 2017-05-14 09:48 | 博物館より | Comments(0)

春の博物館感謝祭

b0049200_14204945.jpg

[PR]
by houraitomo | 2017-05-04 14:21 | 博物館より | Comments(0)

ミュージアムフェスティバル開催中

ホソバシャクナゲ満開の鳳来寺表参道を歩くと鳳来寺山自然科学博物館があります。
b0049200_10163358.jpg
ただいま、ミュジアムフェスティバルの真っ最中。
b0049200_10231323.jpg
宝石探し
アニマルダーツ
鹿角輪投げ
オリジナル缶バッチ作り
鳳来寺山自然科学博物館特性ミュージアムグッズ各種

いろいろ楽しめます。

【貞力】



[PR]
by houraitomo | 2017-05-04 10:29 | 博物館より | Comments(0)

野外学習会「県民の森のホソバシャクナゲと春の植物」

平成29年度の第1回目の植物観察会です。
新緑がまぶしい県民の森での開催。
b0049200_17233580.jpg
奥三河の名花「ホソバシャクナゲ」の尾根は見事でした。
b0049200_17252287.jpg
【貞力】




[PR]
by houraitomo | 2017-04-29 17:40 | 博物館より | Comments(0)

ジオから見る戦国の舞台 特別展はじまります。

明日、4月29日(土)から開催の特別展です。
b0049200_18455467.jpg
地形と地質の視点で戦国時代の東三河の城跡を眺めてみます。
いま話題の井伊家との関連も紹介しています。

【貞力】


[PR]
by houraitomo | 2017-04-28 18:53 | 博物館より | Comments(0)

花のお出迎え

ソメイヨシノが見ごろを迎えました。
昨年より1週間ほど遅れての開花です。
b0049200_09441125.jpg
b0049200_09453927.jpg
ミツバツツジ、クロモジの花が玄関でお待ちしています。

【貞力】



[PR]
by houraitomo | 2017-04-09 09:48 | 博物館より | Comments(0)