鳳来寺山自然科学博物館友の会のページ

三河白

宇連ダム奥の砥石沢にある三河白(名倉砥)の産地へ、豊橋市自然史博物館の松岡館長、加藤学芸員と当館職員で行ってきました。
途中
b0049200_9223611.jpg

ヤマウツボの群落に出会ったりしながら向かいました。
今回は、前回調査地の他にある、もう一か所の産地を探ることも目的でした。
b0049200_9282094.jpg

同じ層準と思われる数十メートル離れた場所にありました。
漣痕(リップルマーク)も見つかり、感動。
b0049200_9373595.jpg


【貞カ】
[PR]
by houraitomo | 2015-05-14 09:40 | 博物館より | Comments(0)
<< モリアオガエルが 陽気に誘われて >>