鳳来寺山自然科学博物館友の会のページ

「渥美半島の石と食」の自主研修

休館日の休みを利用して渥美半島で職員の自主研修。
太平洋側の渥美層群の台地を走って一路伊良湖方面へ。
ジュラ紀に堆積したチャートが顔をだす表浜で、石ころひろい。
b0049200_17333564.jpg

サーファーが全国から集まるこの場所は、寄せては返す波の力で、チャートをはじめ、海流で博ばれた石たちが切磋琢磨し、ストーンペイントにもってこいの状態にしてくれています。
石の後は、サシバの渡りを観察する人たちを横目に大アサリの食。
紀伊半島が目の前です。中央構造線が伊良湖岬をかすめて、この海の向こうにつながっているのだなー、と考えているうちに中身の無くなったアサリの殻が12個並びました。
【貞カ】
[PR]
by houraitomo | 2013-10-02 18:20 | 博物館より | Comments(0)
<< アオバズク ジオツアー「遠州 浦川の中央構... >>