鳳来寺山自然科学博物館友の会のページ

リハビリ

A4サイズの段ボール箱から徐々に大きくし、トイレットパーパーが入っていた60cm角の段ボール箱へ引越しし、強制給餌でヤゴを食べさせると少し元気が出てきました。
段ボールの保護室から脱走(脱翔)を試みるまで快復してきたため、中庭にあるコノハウスでようすをみることにしました。
コノハウス内には水を張った桶にサワガニや川魚を入れ、ミミズを入れた洗面器も置き、ミルワームを入れた皿も用意しました。彼が食べそうなごちそうをいっぱい並べましたが、一向に食べる気配がありませんでした。
やはり強制給餌かなと思って、朝コノハウスをのぞくとすべてきれいに無くなっていました。
b0049200_1910834.jpg

自分で餌を食べるようになればしめたものです。
さあ、餌の確保が大変です。

あと、心配は左翼の状態です。これからの渡りに耐えられるか。
【貞カ】
[PR]
by houraitomo | 2013-09-14 19:15 | 博物館より | Comments(0)
<< はくぶつかんだより№164・165 グルメなアカショウビン >>