鳳来寺山自然科学博物館友の会のページ

ヘビの口内検診

ロビーで夏休み期間中に人気を博したヘビたちを野に返すことにしました。
その前に、貴重な写真を撮らせていただきました。
まずは
ヤマカガシ。
上あごの奥にある大きな歯が見えます。この歯でかまれるとデゥベルノイ腺(耳下腺)が注入されて、体質によっては出血が止まらなくことがありますから注意が必要です。
b0049200_18344.jpg

ニホンマムシ。
上あご先端にある毒牙は、口を大きく開くと直角に立ちます。
注射針と同じ構造をしていて、毒腺からの毒が効率よく注入されます。
b0049200_18105151.jpg

シマヘビ。
口の奥に向かって細かな歯がびっしりと並んでいます。
b0049200_18154214.jpg

[PR]
by houraitomo | 2012-09-17 18:17 | 博物館より | Comments(0)
<< きのこの季節 作手の巨樹・名木を訪ねる >>